戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆寺井谷(てらいだに)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「八尾」(昭和32.10)を使用したものである

:富山市土(ど)
地形図:八尾/八尾
形態:山中に家屋が集まる
標高:約280m
訪問:2011年6月

 

 町の南西部、土集落奥の山中にある
 
集落内には2箇所の憩いの場?があり、1箇所には「石橋の由来」(写真1)、もう1箇所には「寺井谷の月見の由来」といった集落に纏わる話を記した看板が掲げられている。前者は屋敷跡、後者も何かの跡のようで古い標柱もあったが、よく読み取れなかった。この場所は少し展望があり、平野部の市街地を見下ろすことができる。古い地図にある神社は分からず。
 『村の記憶』によると、無人化は昭和43年。家は佐山3・安川3・寺井・林崎各1の8軒が記載されている。神社は富山市吉倉(よしくら)の八幡社へ、寺は町内笹津へ移された。

 


写真1 屋敷跡の小屋と看板

写真2 古い標柱

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ