戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆前子(まえご



※ この地図は、国土地理院発行の1/50,000地形図「苗場山」(昭和37.7)を使用したものである

在:津南町上郷宮野原(かみごうみやのはら)
地形図:信濃森
/苗場山
アクセント:マエゴ
形態:川沿いの斜面に家屋が集まる
離村の背景:移転事業

標高:約430m
訪問:2015年11

 

 大字上郷宮野原の中部、釜川左岸斜面にある
 
町史によると、集落移転事業により昭和52年離村。昭和30年7戸45人、同35年7戸42人、同40年7戸36人、同45年7戸34人、同50年7戸25人。離村時7戸。全戸が町内下船渡(しもふなと)の美雪町(みゆきちょう)に設けられた町営住宅に移転。刊行当時ではうち6戸(実質5戸)が通い耕作を続けていた。
 滞在していた旧住民(年配女性)によると、離村はやはり昭和52年。もとは8軒くらいあったのではないかとのこと。記憶している時代では製炭は行わず、水田で収穫された米で収入を得ていたという。のち養蚕も。後年になって建設業など農業以外への就職が目だったという。現在はこの家のみが通いで畑を作り、ほか2組が時おり訪れる程度。
 家屋は状態が良好で、一見して無住となっていることが分からないほど。集落北側には神社(写真5)や墓地があり、墓地では山本姓を確認。
 
なお訛りで「マイゴ」に近い発音になる。

 


写真1 集落遠景


写真2 集落風景

写真3 農地と家屋

写真4 農地と廃屋

写真5 神社

写真6 墓地の一部

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ