戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆光明寺新田(こうみょうじしんでん



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「高田東部」(昭和22.2)を使用したものである

在:妙高市光明寺新田
地形図:
新井/高田東部
形態:緩い谷沿いに家屋が集まる

標高:約150m
訪問:2015年11

 

 新井の市街地(旧市役所・新井駅付近)より南東におよそ2.4km、関(せき)川左岸側にある。
 はじめ上部の林道より集落方面へ下ろうとしたが、道もなく荒地となっていたため引き返した。この際明治時代の小さな墓(写真1)を見つけたが、集落由来のものかは不明。改めて下方より集落に到達。廃屋1軒と屋敷跡1箇所を確認した。農地も既に荒廃が著しい。
 「角川」によると、もと頸城郡光明寺新田。江戸期の開拓。明治22年水上村の大字となる(のち新井市)。神社は諏訪社。明治21年3戸8人、昭和35年3戸16人。昭和48年3戸が上新保に移住し無住となった。

 


写真1 墓


写真2 集落への道

写真3 廃屋

写真4 農耕機械

写真5 円筒状の遺構

写真6 農地跡

写真7 屋敷跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ