戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆湯ヶ滝(ゆがたき)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「大多喜」(昭和34.3)を使用したものである

所在:君津市黄和田畑(きわだはた)字湯ヶ滝
地形図:上総中野/大多喜
形態:川沿いの平地に家屋が集まる
標高:約170m
訪問:2009年8月

 

 和田畑の南部、小櫃(おびつ)川の左岸にある。
 
千石代(せんごくだい)在住の方の話では、かつては4軒。昭和37年、最初の1軒が千石代に転出し、昭和40年くらいには1軒が札郷(ふだごう)に転出した。かつては炭焼きを行っていたが、のち会社勤めに。なお千石代の人々もこの地に田を作っていたという。
 
かつては札郷への分岐付近に橋が架かっていたが、現在は川底に橋脚を差し込んだ跡を確認できるのみ。しかし川は浅く、札郷にある東京大学演習林の関係者もここから対岸に渡渉しているという。
 
現地には廃屋が1軒(写真1)、屋敷跡が2箇所と、墓地(写真4)が見られた。また渡渉して川沿いの道を歩くと、古い電柱と電線も残っている。

 


写真1 廃屋

写真2 写真1敷地にて

写真3 屋敷跡にて

写真4 墓地

写真5 石仏

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ