戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆台倉(だいくら)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「富津」(昭和30.6)を使用したものである

所在:君津市平田(ひらった)字台倉
地形図:鬼泪山/富津
形態:山中に家屋が集まる
標高:約150m(船塚(ふなつか)集落は約6、70m。芹(せり) 集落は約150m)
訪問:2009年8月

 

 平田西部の山中、ほぼ富津市境界の稜線上にある。
 
船塚の方の話では、かつては河野(こうの)姓・高梨(たかなし)姓の3軒。うち1軒は河野家の隠居。古くは山仕事で、のち農業で生計を立てていた。田はなく、農地は畑。昭和の終わりくらいに無人になったか。ここの子供は、秋元(あきもと)小学校に通っていた。現在も残る空家(後述)では、どこかの大学がニホンザルの研究のための拠点にしており、関係者が寝泊まりしていたという。
 
今回は船塚側から谷沿いの道を登ったが、集落の手前まである程度の幅がある。これは木を運搬していた馬車道の名残ということで、集落までつなげようとしたものではないよう。
 
現地には廃屋(写真1)と物置が残っており、「房総自然博物館」と掲げられている。ほかには墓地(写真2)・畑の跡が見られた。登り道沿いには古い電柱が残るが、現在は集落の北側から比較的新しい電柱が並び、この廃屋に電線がつながっている。さらにこちらのほうが道もしっかりしており、富津市側(芹?)からのほうが訪れやすいよう。

 


写真1 廃屋

写真2 墓地

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ