戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆御代地(おかえち)



※ この地図は、大日本帝国陸地測量部発行の1/50,000地形図「熊谷」(明治43)を使用したものである

所在:吉見町今泉(いまいずみ)
地形図:東松山/熊谷
形態:川沿いに家屋が集まる
標高:10数m
訪問:20016年3月

 

 大字今泉の東部、荒(あら)川右岸側にある。
 資料『荒川の水運』には、河岸(かし)のひとつである「御代地河岸」(※1)について記載されているが、これは一ッ木に存在したものであり当地とは異なるよう。
 現在は吉見総合運動公園となっており集落の面影はないが、北部には小さな神社、公園沿いの道路脇には秋明(しゅうめい)墓地(※2)や九頭龍大神の碑が見られた
。墓地脇の小さな竹藪は、往時の宅地の名残だろうか。

※1 「河岸」は、舟運の拠点の呼称で荒川には多数存在した。なお原文では「御代河岸」で、読みは同じ
※2 昭和初期に行われた荒川改修により、家屋移転後に堤外に残された墓を集めたもの。昭和58年完成。秋明は隣接する大字の名

 


写真1 神社


写真2 集落跡付近(公園内)


写真3 墓地。右に小さな竹藪

写真4 九頭龍大神(厳密には大字秋明の域内に所在)

写真5 河川敷の畑

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ