戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆秋ヶ瀬(あきがせ)



※ この地図は、大日本帝国陸地測量部発行の1/50,000地形図「大宮」(明治43)を使用したものである

所在:さいたま市桜区下大久保(しもおおくぼ)・道場(どうじょう)
地形図:与野/大宮
形態:川沿いに家屋が集まる
標高:数m
訪問:20016年3月

 

 市の南西部、荒(あら)川の左岸にある。現行の大字領域では概ね集落東側が大久保の南部、西が道場の南部に属している。現在の秋ヶ瀬橋の東側で、秋ヶ瀬公園の南端付近。
 市史及び資料『荒川の水運』によると、当地には「秋ヶ瀬の渡し」と呼ばれる渡船場があったとのこと。田島村(浦和市田島)と宗岡村(志木市宗岡)とを結び志木街道上にある重要な渡しであったが、架橋により廃止。当地には明治41年頃に木製の橋が完成し、昭和13年には鉄橋となった。市史には「秋ヶ瀬の渡し(明治42年)」のキャプションで写真が掲載され、木橋とともに渡し場の様子が移されている。なお人家や神社については触れられていない。

 


写真1 堤防より地名表記部分を望む


写真2 東端より西方を見る


写真3 秋ヶ瀬橋

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ