戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆津室(つむろ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「男體山」(昭和21.2)を使用したものである

所在:沼田市利根町平川(ひらかわ)字津室
地形図:皇海山/男体山
形態:谷の上流に家屋が集まる
離村の背景:産業の衰退
標高:約1,250〜1,300m
訪問:2009年3月

 

 (たに)川の支流、津室沢の上流にある。古い地図では7軒くらいの建物が見られる。津室沢沿いに道はなく、集落へは平滝より丸(まる)山の東の鞍部を経由し、徐々に上流部に近付き、津室に至る。道はここで終わりではなく、小田倉(おたくら)沢―延間(えんま)峠―不動(ふどう)沢を経由、栗原(くりばら)川の砥沢に至る。小田倉沢付近にも2軒の建物が見られるが、個別の地名があるのか、何の建物であるのかは不明。
 
平滝・津室・砥沢はともに足尾銅山関係の林業集落で、かつては盛んに往来があったと思われる。
 
平滝より訪問を試みようとしたが、道が険しく引き返した。

 

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ