戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆孫(まご)



※ この地図は、内務省地理調査所発行の1/50,000地形図「桐生及足利」(昭和22.5)を使用したものである

所在:みどり市大間々町小平(おだいら)
地形図:大間々/桐生及足利
アクセント:マ
形態:谷沿いに家屋が散らばる
標高:約550〜600m
訪問:2009年3月

 

 町の北東部、小友(おとも?)集落より小平川の支流が分かれるが、その中流部付近にある。古い地図では4軒くらいの建物が見られる。
 
谷の本流とその支流に家屋が分散するという、少し変わった形態をしている。集落に着くと、まず石仏群(写真1)が目に留まる。ここから分岐する谷の支流を登ると、途中には建物があったと思われる小平地、登りきると屋敷跡(写真2)と墓地(写真3)に着く。比較的新しい電柱が連なっているが、通電が必要な建物があるとも思えない。また道は荒れているが、かつては軽自動車が通れたような雰囲気がある。隣の支流も同様の形態をしており、こちらでも屋敷跡や墓地が見られた。
 
地元の方(町内塩原(しおばら)在住)の話では、かつては1520軒の家があったそう(小友や狸原(たぬきわら)も含む?)

 


写真1 石仏群

写真2 屋敷跡

写真3 墓地

写真4 物置?

写真5 屋敷跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ