戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆湯ノ沢(ゆのさわ)

在:北秋田市前山(まえやま)
地形図:鷹巣西部/鷹巣
形態:谷沿いの斜面に家屋が集まる
標高:約120m

訪問:2016年5

 

 大字前山の北西部。前山の本集落より北西に3.5qほど。
 資料『戦後開拓のあゆみ』によると、戦後の開拓集落で昭和25年に10戸が入植。畑作中心の営農。土壌は肥沃であったが急傾斜地であったため営農は進展せず、先に2戸が離脱、残る6戸も昭和41年度に離農。
 また資料『秋田・消えた開拓村の記録』によると、移転は昭和41年。入植者のうち9戸が前山の出身で、1戸が藤里町の出身であった。大豆・小豆・陸稲・雑穀などの栽培のほか、緬羊を飼育し羊毛を出荷する家や、リンゴ栽培を導入する家もあったよう
 現在はほぼ全域が植林地。道路から比較的近い場所には小屋もあり、時おりの訪問があるよう。付近は屋敷跡と思われる。またここから西に向かう徒歩道があり、この先でも屋敷跡が見られた。

 


写真1 屋敷跡の一部

写真2 道

写真3 平坦地

写真4 道

写真5 小屋

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ