戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆大茂内沢(おおしげないざわ)

在:大館市大茂内(おおしげない)
地形図:大館/大館
形態:緩い傾斜地に家屋が集まる
標高:約250m

訪問:2016年5

 

 大字大茂内の中部、大茂内沢(長木(ながき)川支流)左岸斜面にある。
 資料『戦後開拓のあゆみ』によると、戦後の開拓集落で昭和27年から29年にかけて7戸が入植したとのこと
。農道も整備されておらず劣悪な立地条件で、刊行当時(昭和48)で、既に1戸が通い耕作(蔬菜類)をするのみとなっている。
 また資料『秋田・消えた開拓村の記録』によると、移転は昭和41年。初期はジャガイモ・陸稲・菜種などを植え、のち甜菜も栽培。著者の取材に応じた人物の家では、僅かながら乳牛も導入していた。

 現在は全域が植林地。道沿いの一角に、僅かに残留物が確認できる土地が確認できるのみ。

 


写真1 集落入口付近

写真2 平坦地

写真3 鳥獣保護区の看板

写真4 屋敷跡?にて。残留物

写真5 集落北東端より。中央は道

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ