戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆連瀬沢(れんせざわ)

所在:北秋田市森吉(もりよし)
地形図:太平湖/大葛
形態:山中に家屋が集まる
標高:約500-700m(『戦後開拓のあゆみ』より)

訪問:2016年5月

 

 大字森吉の西部、連瀬沢(小又(こまた)川支流)左岸側の山中にある
 資料『戦後開拓のあゆみ』によると、戦後の開拓集落で昭和29年に7戸が入植したとのこと。和牛・畑作を主体とした営農を行っていたが、昭和35年、高冷地や冬期の交通杜絶などの悪条件により全戸離農。パラグアイへの移住者が多い。
 また資料『秋田・消えた開拓村の記録』によると、移転は昭和35年。平成12年まで町内様田の人々が開拓地の一部に高原大根を栽培していたという。
 訪問は連瀬沢林道より。林道沿いには非常に開けた緩やかな場所があるが、離農後に別の用途に用いられた土地と思われる(写真2。先述の大根畑の跡?)。終点付近より植林地に入りしばらく探索したが、集落の明瞭な痕跡は確認できず。

 


写真1 連瀬沢林道

写真2 開けた土地

写真3 平坦地

写真4 平坦地

写真5 何かの跡?

写真6 徒歩道

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ