戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆大渉(おおわたり)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「十和田湖」(昭和29.4)を使用したものである

在:鹿角市十和田大湯(とわだおおゆ)
地形図:中滝/十和田湖
形態:川沿いに家屋が集まる
標高:約420m

訪問:2016年5

 

 大字大湯の東部、大清水川沿いにある
 近接のする戸倉の元住民の話では、もと6軒。無住となったのは平成1桁頃か。戸倉と同様、農業(出荷用の米、自給用の豆・小麦等)や炭焼き・製材等で暮らしていた。訛音のためか、抑揚は最初の1文字以降は平板になり(オーワタリ、さらに「オーワダリ」に近い発音になる。
 現在は、関係者の往来がありそうな土地が数箇所ほど。小屋や家屋が散見される。戸倉足洗とは対照的に、農地跡は荒地や林となっているものが多い。

 


写真1 集落風景

写真2 廃屋

写真3 何かの跡

写真4 大渉橋

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ