戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆梅内沢 (うめないざわ)

在:能代市二ツ井町梅内(うめない)
地形図:根城岱/能代 二ツ井/能代
形態:谷沿いに家屋が集まる
標高:約50m
訪問:2016年5

 

 大字梅内の南部、梅内沢(米代(よねしろ)川の二次支流)沿いにある
 資料『戦後開拓のあゆみ』によると、戦後の開拓集落で昭和30年に9戸が入植したとのこと。当初は大豆・小豆・ジャガイモを主体とした営農を続けていた。
 また資料『秋田・消えた開拓村の記録』によると、入植者は引揚者2戸・地元の次男・三男3戸・町外出身者4戸。早々に3戸が、昭和40年代に2戸が転出。残る世帯も昭和51年(※)に転出に至った。のち昭和63年にかつての住民が戻り、平成14年まで居住していたという。

 訪問は梅内林道より。一部の農地は現在も耕作される。

※ 『戦後開拓のあゆみ』では昭和41年全戸離農とあるが、著者は住民への聞き取りによりこの年が正しいのではないかと推定している

 


写真1 道と農地

写真2 農地跡

写真3 屋敷跡?

写真4 国有林の看板。梅内沢の文字が見える

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ