※藤里町・二ツ井町ページ共通


戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆大野岱(おおのだい)



※ この地図は、国土地理院発行の1/50,000地形図「能代」(昭和41.5)を使用したものである

所在:藤里町粕毛(かすげ)・能代市二ツ井町梅内(うめない)
地形図:根城岱/能代
形態:台地に家屋が集まる
標高:約180m
訪問:2016年5月

 

 大字粕毛の南部から大字梅内北東部にかけての地域。藤里側は「大野岱」、二ツ井側は「暁野(あかつきの)」と呼ばれる。
 資料『戦後開拓のあゆみ』によると、戦後の開拓集落で昭和21年から24年にかけて27戸が入植したとのこと。入植者は引揚者および地元の次男・三男。当初は大豆・小豆・ジャガイモ・牧草類が主体、次いで陸稲となったが、地力の消耗が激しいため営農は不振となり、刊行当時(昭和48年)で8戸が就農するのみとなっている。後年は開田に成功し、水田を主体とした経営となった。また隣接の大野岱牧場での肥育牛導入にも力を入れている。
 また資料『秋田・消えた開拓村の記録』によると、移転は昭和51年。入植前は旧粕毛村の放牧場であった。
 町史によると、当地にあった米田(よねた)小学校大野岱分校は昭和26年4月1日開校、同47年3月31日閉校。

 大岱野には現在も牧草地が広がり、それに伴う施設も多い。人家の類は残っていないが、小屋は地内に散見され農地もいくらか広がっている。暁野は多くが荒地となり、屋敷跡も未確認。

 

≪大野岱≫

写真1 牧草地と建物群

写真2 牧草地にて

写真3 牧草地の樹木。柵内に碑

写真4 農地

写真5 農地と小屋

写真6 小屋

写真7 道と小屋

写真8 学校跡付近にて
≪暁野≫

写真9 道と農地

写真10 屋敷跡?

写真11 小屋

写真12 平坦地

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ