戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆水無(みずなし)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「太良鑛山」(昭和22.1)を使用したものである

所在:藤里町藤琴(ふじこと)
地形図:真名子/田代岳
形態:谷沿いに家屋が集まる
離村の背景:移転事業

標高:約330m
訪問:2016年5月

 

 大字藤琴の北部、藤琴川の右岸支流沿いにある。真名子(まなご)集落の北およそ1.3qほど。
 資料『秋田・消えた村の記録』によると、戦後6戸(市川3、ほか石田・三谷・新開などの各家)。集落再編成事業により、昭和47年に全6戸が転出したとのこと
 現地は横倉集落の北西にある貯水池(水無沼)の付近で、車輌での訪問が可能。池の堰堤付近には、菅江真澄の歌碑とその解説の看板(写真1)が置かれている。確認できた屋敷跡は、貯水池西側の畔に2箇所。
 なお集落の北側にも当地と同様「水無」と称された戦後の開拓集落があるが、ここでは別に取り扱う(
当該ページ参照)。

 


写真1 水無沼の碑と看板

写真2 屋敷跡


写真3 戦歿者の墓(写真2そば)


写真4 電柱

写真5 屋敷跡

写真6 農地跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ