戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆一の又(いちのまた)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「鷹巣」(昭和29.6)を使用したものである

在:藤里町大沢(おおさわ)
地形図:藤琴/鷹巣
形態:川沿いに家屋が集まる
離村の背景:移転事業
標高:約80m

訪問:2016年5

 

 大字大沢の中部、大沢川左岸支流沿いにある
 資料『秋田・消えた村の記録』によると、戦後最盛期4戸(淡路2・佃2の各家)。集落再編成事業により昭和47年に全4戸が転出したとのこと。当事者への取材より、刊行当時(平成9年)佃氏1組のみが田の通い耕作を行っていることが窺える。
 現在でも屋敷跡付近で僅かに耕作が行われているよう。確認できた屋敷跡は1箇所のみ。

 


写真1 林道一の又線分岐

写真2 屋敷跡

写真3 道と農地

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ