戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆大平(おおだいら)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「阿仁合」(昭和29.2)を使用したものである

在:北秋田市阿仁幸屋(―こうや)
地形図:阿仁合/阿仁合
形態:川の合流部付近に家屋が集まる
離村の背景:移転事業

標高:約180m

訪問:2016年5

 

 大字幸屋の西北部、阿仁川右岸側にある。岩ノ目沢(いわのめざわ)集落の対岸。
 資料『秋田・消えた村の記録』によると、戦後最盛期8戸(佐藤4・西根4の各家)。集落再編成事業により昭和48年に全8戸が転出したとのこと。転出先は大字幸屋渡(こうやわたり)の岩ノ目沢6戸・幸屋渡2戸。
 また町史によると、延宝年間(1673-81)に南秋大平村(※)の船岡氏が狩猟に来て幸屋の佐藤家に滞在、佐藤家の勧めにより当地を開拓したと伝わるとのこと。のち佐藤姓を名乗った。鎮守は大平神社。
 現在は林および草地となり、建物は皆無。少ないながらも建物の痕跡が確認できる。

※ 南秋田郡の旧大平(たいへい)村のことか

 


写真1 建物の遺構

写真2 平坦地

写真3 屋敷跡

写真4 屋敷跡にて。浴槽の一部

写真5 屋敷跡脇の巨樹

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ