戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆上目名(かみめな)



※ この地図は、国土地理院発行の1/50,000地形図「館」(昭和36.1)を使用したものである

在:厚沢部町鶉(うずら)
地形図:鶉町/館
形態:山中に家屋が散らばる
標高:約250〜300m
訪問:2014年5

 

 字鶉の中部北寄り、鶉川支流の目名(めな)川最上流部にある
 資料『桜鳥』(町史)によると、現在の字鶉を構成するかつての大字「俄虫(がむし)村」の小字のひとつに「上目名」が存在。また戦後の開拓で入植者があったようで、「開拓者個人別入植状況一覧表」によると、昭和22年に古宮・六田・高橋・北・唐川・大和田・伊藤の各氏が入植している。ただしこれが集落の開基であるかは内容からは分からず、これ以前に居住者があった可能性もある。
 訪問は林道滝の沢線より。屋敷跡と思われる場所を数箇所ほど見当をつけて訪れてみたが、生活の痕跡すら見つけることができなかった。

 


写真1 屋敷跡付近?

写真2 屋敷跡付近?

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ