戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆桜ヶ丘(さくらがおか)



※ この地図は、国土地理院発行の1/50,000地形図「石狩鹿島」(昭和37.10)を使用したものである

所在:夕張市鹿島白金(―かしましろがね)・鹿島明石町(あかしちょう)
地形図:シューパロ湖/石狩鹿島
アクセント:サクラガ
オカ
形態:川沿いに家屋が集まる?
離村の背景:ダム建設

標高:約280m?
訪問:(2013年6
月)

 

 鹿島明石町および鹿島白金の南部、夕張川沿いにある
 具体的な位置は不明だが、鹿島地区のかつての在住者に大まかな位置を教えていただいた。また市史にも学校の位置が「湖畔亭(※1)対岸附近」とあり、地図画像の付近と思われる。
 市史や『大夕張』によると、戦中戦後の開拓農家の集落で「第二農場」と呼ばれた場所。昭和21年から桜ヶ丘開拓団によって開墾が進められた。大夕張ダム建設に伴い離村。
 なお
『大夕張』に「奥鹿島は桜ヶ丘開拓団によって開墾が進められ、昭和32年までに樺太からの引揚者を中心に15戸が入植」との記述があるが、これには白金も含まれると思われる。

※1 旧シューパロ湖駅付近にあった商業施設

 以下は桜ヶ丘小学校の沿革。

 昭和23.7.20  南部小学校付属の仮教室として発足。離農民家を教室として使用

 昭和23.11.1

 新校舎着工。桜ヶ丘小学校として独立

 昭和24.5.10

 新校舎竣工。移転
 昭和31.3.31(※2)  閉校

※2 『大夕張』では6月

 なお集落付近にはかつて大夕張鉄道の「農場前臨時停車場」があり、これは昭和21年2月「第二農場前臨時停車場」として開設された。昭和32年2月ダム建設のため廃止。

 

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ