戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆上立牛(かみたつうし)



※ この地図は、国土地理院発行の1/50,000地形図「立牛」(昭和48.3)を使用したものである

在:紋別市上渚滑町上立牛(かみしょこつちょう―)
地形図:丸立峠/立牛
形態:川沿いに家屋が散らばる
標高:200m前後
訪問:2012年5月

 

 市の南部、立牛川沿いにある。
 「
角川」によると、明治40年代から林業地域として、昭和30年代頃からは酪農地域として発展した集落であるという。
 最近の地図では弥生川の合流部付近に碑の記号が見られるが、これは馬頭観音(写真2)。小学校跡および向かいの神社跡には素朴な立て札が立っている。学校跡に特に目立ったものはないが、神社跡には神々の名称が刻まれた石柱が残る。
 なお当地の学校は上立牛小学校で、昭和39年閉校(HEYANEKO氏調べ)。

 


写真1 平坦地

写真2 馬頭観音

写真3 倒潰家屋

写真4 小学校跡の立て札

写真5 神社跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ