戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆新下川(しんしもかわ)



※ この地図は、国土地理院発行の1/50,000地形図「下川」(昭和45.9)を使用したものである

在:下川町班渓(ぱんけ)
地形図:新下川/下川
形態:川沿いに家屋や施設が多数集まる
離村の背景:産業の衰退

標高:約270m
訪問:2012年6

 

 字班渓の北東部、下川ペンケ川沿いにある。下川鉱山に伴う鉱山集落。
 「
角川」によると、昭和8年パンケ川落合沢にて転石が発見されたことにより探鉱が開始され、同15年落合第1坑開坑。同16年より三菱金属工業が買収し、新下川鉱山と称した。同25年下川鉱山と改称。同57年閉山。主に銅を産出し、国内でも有数の産出量であった。昭和58年に休山となり、事実上閉山となる。
 またHEYANEKO氏の調査によると、当地には菱光小学校が所在(昭和58年休校、平成8年閉校)。ほか菱光中学校も所在した。
 当地では後処理を行うため、現在も下川鉱業により施設が稼働中。新しい造りの小学校校舎(写真6)が残っているが、住宅関係のものは何も残っていない。横断歩道が残っていたり、敷地出入口の縁石が低くなっていたり、多少の面影がある程度。

 


写真1 鉱業所(以下「鉱山西」にて)

写真2 住宅跡

写真3 住宅地の道

写真4 同

写真5 屋根つきの軌道

写真6 校舎(以下「鉱山東」にて)

写真7 横断歩道

写真8 住宅跡

写真9 同

写真10 同

写真11 出入口の縁石

写真12 東端の住宅地の道

写真13 同。石積み

写真14 住宅跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ