戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆伊文(いぶん)



※ この地図は、国土地理院発行の1/50,000地形図「幌加内」(昭和46.2)を使用したものである

在:士別市温根別町伊文(おんねべつちょういぶん)
地形図:幌加内/幌加内
形態:川沿いに家屋が集まる
離村の背景:ダム建設

標高:約200m(水面は約200m)
訪問:2012年6

 

 字温音別町伊文の中部、犬牛別(いぬうしべつ)川沿いにある。現在は温根別ダムにより水没。
 以下は「角川」および
市史の記述(伊文地内にある犬牛別も含めた記述と思われる)。

当地の開発は、明治41年岐阜県団体11戸が入植したことに始まる
大正3年砂金・砂白金採取のため100人余の作業員が入地
昭和4年頃から造田開始。同10〜13年除虫菊の生産が盛んになる
昭和24年戦後開拓者18戸が入地
昭和48年温根別ダム建設のため全戸移転
明治44年犬牛別簡易教育所(のちの伊文小学校)開校。昭和22年温根別中学校伊文分校開校。廃校は小・中ともに昭和49年10月1日。廃校時の在校生はそれぞれ8人(小学校)・5人(中学校)。

 ダム湖周辺には、「望郷懐旧」の碑(写真3)および「感謝悠久」の碑が立つ。前者には、開拓当時の入植として石原3・浅野目2・鈴木2・松井2・足立・後藤・佐伯・鈴村・竹村・中村・野村・細川・松野・馬渕・各1の計19名の名が刻まれている。また解散当時在住者として31名が挙げられているが、うち21が開拓当時にはない家であり戦後開拓者であることが窺える。
 少し上流では水没区域に残されたコンクリートの建造物(写真5)があるが、用途は不明。

 


写真1 ダム湖

写真2 上流側の湖面

写真3 碑

写真4 何かの建造物

写真5 建物の基礎部分

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ