紀州路南紀へ1時間 南紀・熊野の玄関口 南紀白浜空港
時刻表 空港アクセス 館内案内 周辺の観光 ツアー・割引運賃 リンク

南紀白浜空港からのみどころあんない


熊野古道

熊野古道

かつて「蟻の熊野詣」といわれたほど、かつていにしえ人がたどった熊野への歴史の道。
当時の面影を残す古道と王子跡が今も多く残っており、今でも全国からハイキングなど、王子巡りをする人々で賑わっています。
私たちもいにしえ人にならって、四季折々の模様を歩いて肌で感じてみませんか。
滝尻王子 牛馬童子像 野中
滝尻王子
中辺路街道の中でも、ここから熊野の聖域に入るとされ、険しい山道に入ります。
牛馬童子像
熊野古道のシンボルとして親しまれている小さな石像。
野中
巨大な杉が立ち並ぶ「一方杉」や「野中の清水」、王子跡がある古道の雰囲気を残す一帯。
アクセス空港から便利な快速熊野古道号明光バス)が運行しています。
古道MAP「熊野古道」は、熊野信仰の人々が熊野三山を目指した道です。
かつて上皇や貴族たちの一行は、京都の下鳥羽から船で淀川を下り大阪に上陸、道中点在する王子社をたどりながら長い旅を続けました。
紀伊半島西岸を南下し、田辺市で内陸部に進む道・中辺路と、海沿いの道・大辺路に分かれていました。参詣者の多くは中辺路をたどり、熊野本宮大社への山間の道へと分け入りました。本宮からは熊野川を船で下り、熊野速玉大社、熊野那智大社をめぐって、その背後の妙法山から大雲取越・小雲取越の険路を越えて本宮に出、帰路につくのが一般的な順路でした。
ほかにも大辺路・伊勢路・北山街道・大峰路・十津川街道・高野街道などがありました。

田辺・南部梅林白浜温泉熊野古道枯木灘海岸串本・大島那智勝浦太地熊野三山

みどころあんないTOPへ
 
南紀白浜空港ビル