地球元気村・体験イベント

おおとうでは、四季をとおした各種イベントを開催し、都市住民との交流を通じて村の活性化を図っているほか、先人の遺したすぐれた伝統文化の継承に取り組んでいます。

地球元気村in和歌山・大塔





開催体験教室のご案内
午前の教室
熊野古道(北郡越)歩き体験教室
・参加費:無料
・集合時間:8/11(木・祝)AM8:30
・集合場所:田辺市立大塔体育館 入口
レスキュー隊員体験教室 10名
・参加費:無料
・集合時間:8/11(木・祝)AM9:30
・集合場所:田辺消防署大塔分署
ポニー乗馬&お世話体験教室 10名
・参加費:1,000円
・集合時間:8/11(木・祝)AM9:30
・集合場所:田辺市立大塔体育館前
陶芸体験教室 15名
・参加費:3,000円
・集合時間:8/11(木・祝)AM9:45
・集合場所:田辺市立大塔総合文化会館 入口
カヌー体験教室 18名
・参加費:500円
・集合時間:8/11(木・祝)AM9:50
・集合場所:おおとう山遊館 裏手 合川カヌーポート
木工づくり体験教室 15名
フォトフレーム
・参加費: 500円
・集合時間:8/11(木・祝)AM9:50
・集合場所:田辺市立大塔総合文化会館1階 大会議室
木工づくり体験教室 15名
小物入れ
・参加費: 500円
・集合時間:8/11(木・祝)AM9:50
・集合場所:田辺市立大塔総合文化会館1階 大会議室
午後の教室
川あそび体験教室 10名
・参加費:700円
・集合時間:8/11(木・祝)PM0:30
・集合場所:田辺市立大塔総合文化会館 入口
バルーンアート体験教室 10名
・参加費:500円
・集合時間:8/11(木・祝)PM0:50
・集合場所:田辺市立大塔総合文化会館 入口
押し花教室 20名
・参加費:1,000円
・集合時間:8/11(木・祝)PM0:50
・集合場所:田辺市立大塔総合文化会館 入口
木工づくり体験教室 15名
フォトフレーム
・参加費: 500円
・集合時間:8/11(木・祝)PM0:50
・集合場所:田辺市立大塔総合文化会館1階 大会議室
切り絵体験教室 20名
参加費:1,000円
・集合時間:8/11(木・祝)PM0:50
・集合場所:田辺市立大塔総合文化会館 入口
木工づくり体験教室 15名
小物入れ
・参加費: 500円
・集合時間:8/11(木・祝)PM0:50
・集合場所:田辺市立大塔総合文化会館1階 大会議室

※全ての体験教室は事前予約が必要です。

受付期間:7/19(火) - 7/29(金)
受付時間:AM9:00 - PM5:00(平日のみ)
受付番号:0739-48-0301(産業建設課内)

※先着順受付

キャンプに参加して大自然を満喫

開催日:平成28年8月11日(木・祝)
於 大塔水辺の楽校 

詳しい開催概要はコチラ

北極点や南極点にバイクによる史上初到達を成し遂げた冒険ライダー、風間深志氏が主宰する地球元気村は、田辺市鮎川の自然を通してアウトドアの楽しみ方や環境問題を考える場。

タイムテーブル
イベント内容
14:00〜 国交省展示体験コーナー
15:30〜 鮎つかみどり体験
15:40〜 アマチュアバンドスタート
17:30〜  杉浦瞬弥 ライブ
17:40〜
(野外ステージ)
よさこい踊り

18:20〜
(県道道路上)

よさこい踊りパレード
18:10〜 古家学 ライブ
19:10〜 地球元気村フォーラム2016
「川と自然について考える」
19:45〜 DJ crab(ハマケン)
20:05〜 コラボパフォーマンス
20:30〜 大塔花火大会
21:00 終了

手作りカヌー体験

毎年4月から翌3月までの期間、土日や祝日などを利用して、インストラクター指導のもと、本格的なカナディアンウッドカヌーを作れます。
詳細はこちらです。

百間山渓谷若葉まつり

新緑の季節、多彩なイベントで盛り上がろう

春から初夏の日差しが色濃くなる一日、百間山渓谷では、若葉まつりが開催されます。青空と新緑の映えるなか、たくさんの鯉のぼりが風に泳ぎます。
地元の特産物が出品される産品バザーが賑わいを見せます。また大塔太鼓が鳴り響き、子供獅子舞が繰り出します。


渓流ではアマゴ釣り大会で、大勢の太公望たちが腕を競う姿もみられます。他にも多彩なイベントが繰り広げられます。


※台風12号被害による復興状況により開催の際は、別途、告知致します。


鮎釣り大会

キャンプに参加して大自然を満喫

日置川上流の 大塔青少年旅行村 付近を会場として、鮎釣り大会を開催します。

参加料:1,500円/1人(オトリ鮎2匹含む。入漁券別途要)

開催日:平成28年7月3日(日)
詳しい募集要綱はコチラ
会場(集合場所) 大塔青少年旅行村

流れ施餓鬼

初盆の夜、村人の祈りと偲ぶ心を乗せて流す

明治の初期、村に悪い病気がはやり死者が相次ぎました。そこで霊を慰めるために、古い習わしの供養のかたちを再興したのが流れ施餓鬼です。毎年8月15日の夜、長さ9メートル、幅1メートルのむぎわら舟に初盆の供物や提灯を積み、火を放って流す珍しい精霊流しです。

8月15日
於 下川上

上野の獅子舞

五穀豊穣と村民の安全祈願

毎年11月3日の春日神社の例祭に奉納される獅子舞で、室町時代、八郎又衛門という人物によって伝えられたといわれます。五穀豊穣と村民の安全を祈願して舞われるこの芸能は、上野の獅子舞保存会によって継承され、県の無形民俗芸能に指定されています。

11月3日
於 春日神社

ふるさと富里まつり

五穀豊穣と村民の安全祈願

おおとう自慢の農作物、公民館サークル等の力作を展示します。
※農作物や展示品の即売会もあります。

11月3日
於 旧富里中学校跡