現在表示しているページ
ホーム > 特産品 > 南高梅
ここから本文です

特産品 南高梅

南高梅とは

写真:南高梅

梅生産量日本一を誇る和歌山県を代表する品種「南高梅」は和歌山のブランド梅をして全国に知られています。

また、みなべ町で生産される南高梅は、日本国内の生産量では7割以上を占めています。

非常に大粒な果実は果肉が厚く大変やわらかい為、味や食感も機械生産の梅干しに比べ大変優れ、梅の最高品種として重宝されています。主に梅干しや梅酒として加工され、形の良い見栄えから贈答品としても高い評価を得ています。

2006年にみなべいなみ農業協同組合から、地域団体商標制度による商標登録として「紀州みなべの南高梅」を出願し、特許庁より認定されました。

南高梅の歴史

写真:南高梅

明治35年(1902年)、旧上南部村晩稲(おしね)の高田貞楠氏が、近隣の勇惣左七氏から、当時としては優秀な「内中ウメ」から実生苗60本を購入して植栽したところ、その中に大果で豊産、陽光面が美しく紅色に着色する大粒の個体を発見しました。

これを母樹として大切に育て、「高田梅」と名付けて現在の南高梅の基礎をつくりました。

昭和25年、戦後の農業復興に際し、村にある梅の品種統一を図るため、5年の歳月をかけ村内各地区から選抜された114個体からさらに、白玉梅、改良内田梅、薬師梅、地蔵梅、高田梅、養青梅の6品種が選抜されました。

その中でも、樹勢、結実性、果実形態、さらに収量が多いなど有利性を発揮した高田梅が優良母樹に選ばれました。

そして昭和40年、先の母樹選定調査に深くかかわった南部高等学校の竹中勝太郎先生と園芸科の生徒たちの努力に敬意を表すとともに、南部高等学校を通称「南高(なんこう)」と呼ぶことから、この梅を「南高梅」と命名しました。

現在、「南高梅」は、みなべ町で栽培される梅の7割以上を占め、また梅のトップブランドとして全国に、世界に名を馳せています。

関連リンク

このページのトップに戻る